太ももの筋肉をつけるのに効率的なトレーニングとは

太ももの筋肉をつけるのに効率的なトレーニングとは、スクワットです。バーベルスクワットをすると効果てきめんです。スクワットは脚全体のトレーニングとしておすすめなので、太ももの筋肉をつけるのにぴったりです。太ももの裏を鍛えるには、レッグカールが適しているのですが、これはマシンがないとできません。マシンが使えない場合は、チューブを使う方法もあります。スティッフレッグドデッドリフトというエクササイズも、膝を曲げずに伸ばした状態で行うので、太ももの裏によく効きます。大腿四頭筋を鍛えるなら、スクワットが効果的ですが、マシンでレッグプレスでもかまいません。太ももの筋肉をつけるのに効率的なトレーニングは、スクワットでも十分なのですが、よりワイドに鍛えるには、マシンを使用することです。効率的に、脚の内側を鍛えることができます。スクワットの場合、四頭筋である脚のおもてと大臀筋がメインになります。脚のうらを鍛えるには、マシンがおすすめです。スクワットだけだと全体に筋肉があるバランスの良い脚にはならないので、レッグランジや、スティフレッグドデッドリフトを加えることです。